未分類

ネット印刷・印刷会社・オンデマンド印刷センター徹底比較

コンテンツ企画・制作会社カイリキの小林です。チラシやパンフレットを印刷しよう!と思ったらどの印刷会社で印刷すべきか正しく選択できていますか?

これまで、広告会社でたくさんの印刷物を作成に関わり、多いときは日本人の約4人にひとりが受け取ったことになる約3,000万部の郵送物を製作したりしてきた私が、印刷物を発注する前に印刷会社の特徴を整理しておきます。

あなたに最適な印刷会社は?

先ほどお伝えした3,000万部などの大規模印刷は大手印刷会社(大日本印刷や凸版印刷)でしかできません。その理由は分かりますか?なぜなら大手印刷会社でないと、それだけの量を印刷するだけの用紙の手配ができないんですね。

一方で、そこまでクオリティを求められない印刷物や、イベントで配布する小ロットのチラシなどは断然、ネット印刷がおススメです。弊社ではネット印刷はプリントパックとラクスルを使い分けています。この二つは同じネット印刷会社ですが、それぞれ特徴があるので使い分けることをお勧めしています。

こんな人はラクスルがおススメ

ラクスルはネット印刷の大手です。ネット印刷の大手といえばCMでお馴染みのラクスルとプリントパックですよね。ネット印刷の魅力は、ネットから簡単に注文できて安いこと。弊社は広告会社なので、日常的に中小の印刷会社から営業の人が来ますが、どうしてもコスト面でネット印刷に勝つことはできません。

ラクスルで印刷できる部数

チラシであれば最低ロット10部から印刷可能ですが、コスト効率を考えると最低でも100部以上は印刷する場合に使います。50万部などの大量のロットでも十分に対応可能です。

ラクスルの納期

チラシであれば、印刷工程は1日営業日~7営業日の中から選べます。もちろん、納期が速い方が単価は上がります。優先的に印刷機を確保しなければならないので当然ですね。

注意点としては、印刷工程が1日営業日~7営業日という事であって、オーダーしてから直ぐに届くわけではないという点です。以下の工程があることに配慮してください。

印刷データを送付

ラクスルにて印刷データのチェック、受付日の確定

印刷(1日営業日~7営業日)

発送(1日程度)

ラクスルのクオリティ

ラクスルではどこで印刷しているかご存知ですか?ラクスルは提携先の印刷工場の空きラインを使って印刷しているので、特定の自社工場で印刷しているのではありません。その為、コストを抑えた印刷機で安かろう悪かろうの印刷をしているのではなく、提携工場でできるクオリティになります。

実は、大手印刷会社(大日本印刷や凸版印刷)もロットが少ない場合は提携先の工場で印刷することが多いので、特に問題にすることではありません。ただし、大企業の製品カタログ並みのクオリティは求めることはできません。

ラクスルの電話対応

印刷発注を専門としない人や、初めて印刷する人にとって一番大切なことは「電話対応」があるかどうかだと思っています。印刷データを送ったら、データに問題があるかどうか、印刷の専門家に電話で話を聞きたいですよね?

ラクスルの場合は、印刷の専門知識が豊富な電話オペレーターが多数いるので、困った場合に電話すると、すぐに質問に答えてくれます。

ラクスルの注文のしやすさ

ネット印刷のラクスルはホームページのネットの注文フォームから必要事項を選択して印刷する形式になります。ラクスルのホームページは分かりやすいので、迷うことはないと思います。

こんな人は印刷会社がおススメ

印刷会社とは、大手では大日本印刷や凸版印刷があります。平成27-28年の売上高は大日本印刷で1兆4,559億円、凸版印刷で1兆4,746億円と超大企業です。大日本印刷や凸版印刷以外にも様々な会社があり、私個人的にも共同印刷や三浦印刷などともお仕事をさせていただきました。ただし、大手印刷会社や中規模の印刷会社は大企業や広告会社、出版社向けの印刷が主のため、初めてチラシを印刷するような場合は、規模感が違うのであまりお勧めできません。というか、人間関係ができていないと、相手にしてもらえないと思います。

印刷会社に注文するメリット

ネット印刷ではない印刷会社に印刷をお願いするメリットは、担当する営業の方に相談できることです。私の場合はポスターやパンフレットの広告制作物を主とする印刷会社の営業の方に印刷物を発注していました。担当の営業の方に言えば、スケジュール調整などの対応をしていただくことが可能で、ある程度柔軟に納期に対応してもらえます。

最大のメリットは、クオリティの高い印刷物を作れること。色校正といって実際に印刷した場合の現物を確認することができること。印刷のクオリティにこだわりたい場合はネット印刷ではない印刷会社へ発注することをお勧めします。

こんな人はオンデマンド印刷センターがおススメ

 

オンデマンド印刷センターとはビジネス街によくあるキンコーズやリスマティック、アクセアなどを指しています。ネット印刷や印刷会社では、輪転機などの専用の印刷機を使って印刷するのに対して、オンデマンド印刷センターではプリンターを使って印刷します。

オンデマンド印刷センターに注文するメリット

メリットとしては、なんと言っても納期の速さです。最速で小ロットの印刷物が必要な時は便利なお店です。個人的には企画書などのカラー出力をお願いすることが多いです。ただし、印刷単価は非常に高くなります。また、イベントや展示会で使う2~3枚などの小ロットのパネル印刷などに最適です。

発注は簡単で、データを持って店頭に行けば注文できます。それなりの発注金額になるとお店の責任者がでてきて丁寧に対応してもらえます。24時間対応の店などもあり、徹夜で企画書を作成して、プレゼンする場合などに活躍してくれます。

関連記事