インフルエンサーマーケティングでできること・課題を解説

インフルエンサーマーケティングでできること・課題

インフルエンサーマーケティングは何ができるの?
インフルエンサーマーケティングの課題・気をつけることは?
インフルエンサーマーケティングに効果はあるの?

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、カイリキ・コバヤシ(@Kairiki_K)です。
電通テック→電通→起業、販促プロモーション企画に従事して20年ほど。

アメブロが人気となり、個人ブロガーというインフルエンサーが登場した頃からインフルエンサーマーケティングに注目し、大手企業のプロモーションにいち早くインフルエンサーを活用してきました。

この記事ではインフルエンサーを活用することで、できることやインフルエンサーマーケティングの課題を書きました。

巷に溢れるステマ感満載のインフルエンサーマーケティングを打破して、本当に効果ある施策をできるヒントになるハズ。

この記事の内容
  • インフルエンサーマーケティングでできること
  • インフルエンサーマーケティングの課題は?
  • 効果を出すにはどうすればいいの?

インフルエンサーマーケティングでできること

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、ブログやSNS、Twitter、Instagram、YouTube、TikTokなどでPV数やフォロワーが多い「インフルエンサー」に自社商品やサービスを宣伝してもらうこと。

「インフルエンサーマーケティング」と言っていますが、マーケティング用語的には、マーケティングの4Pのひとつ「プロモーション」の手法の一つ「口コミ」手法に分類出来ます。

参考: 販促とプロモーションの違いは?

インフルエンサーマーケティングでできること

一般的にインフルエンサーマーケティングと言われている施策は次の通りで、インフルエンサーの持つブログやSNS媒体の告知効果を使わせてもらうことが前提になっています。

PR投稿依頼

インフルエンサーに商品PRを依頼します。自社商品を提供してSNSにポシティブな感想を投稿してもらいます。最も一般的な口コミ施策で、明らかにステマ(ステルスマーケティング)感が漂ってくるのがこの方法です。

よくある投稿
  • 商品写真
  • ポジティブな感想
  • プロモーション用のハッシュタグ

インフルエンサー仲介業者に依頼すれば簡単に実施できるので、SNS上にはステマ感溢れるPR投稿多くあります。

現地訪問型

店舗、イベント、ホテル、観光地などにインフルエンサーを呼び、感想をSNSなどで発信してもらう手法です。

旅行やレストランのいく場所を決める材料としてInstagramを使う人が増えており、誘引施策としてインフルエンサーとの相性がいいです。

商品アンバサダー型

商品・サービスのアンバサダー(PR大使)としてインフルエンサーとタイアップする手法です。有名タレントであれば多額の契約金が必要となりますが、インフルエンサーであれば定額予算でもタイアップできることがあります。

アンバサダーへ任命し、イベントへの招待・商品提供をすることでインフルエンサーの商品・サービスへの思い入れを高め、積極的なSNSへの投稿を狙います。

商品タイアップ型

メニュー開発や商品開発をインフルエンサーと共同で行うことで、インフルエンサーの情報発信力を取り込むことが出来ます。

ファッションセンスや企画・アイデアに富んだインフルエンサーとタイアップすることで、新たな価値を商品に持たせることができるのもメリットです。

インフルエンサーマーケティングの課題・気をつけることは?

インフルエンサーマーケティングの課題・気をつけておくこととしては次のことがあります。

広告にしか見えない

フォローしていた人が「この商品お勧め!」と投稿したらどう思いますか?

それはもう広告にしか見えません。もちろん、どこかにPRと書いてあるのでステマではありませんが、投稿をみた瞬間にガッカリなんてことも。

炎上する

ステマにしか見えないので、インフルエンサーが気を利かせて、違和感なくPR投稿してくれることもあります。

ただし、それがステマだと後でバレると炎上することになり、せっかくの口コミ施策もマイナスの効果しか出ないことも。

発信内容はインフルエンサー任せ

インフルエンサーにPRを依頼すると、投稿される内容のある程度の方向性は指定することが出来ますが、詳細はインフルエンサー任せになります。

意図した内容と違うということもありますが、広告出稿と分けて戦略的に内容を組み立てる必要があります。

Instagramではコンバージョンしない

インフルエンサーの得意なSNSがInstagramの場合、拡散されることはなく、コンバージョンもしにくくなります。

InstagramはTwitterと違い、拡散しにくいプラットフォームであり、投稿にはURL貼り付けが出来ないので、自社サイトへ誘引することもできません。

Instagramでは「へー」「あっいいなー」と気づきを与える程度の投稿になってしまうことが多いです。

効果を出すにはどうすればいいの?

インフルエンサーマーケティングで効果を出すには、プロモーションしたい商品・サービスごとにしっかりと企画を作ることが大切です。

インフルエンサーマーケティング会社は媒体社

インフルエンサーマーケティング会社はフォロー数の媒体社みたいなもので、雑誌広告に似ています。

インフルエンサーマーケティング会社に依頼すると、商品・サービス属性にあったインフルエンサーのリストが抽出され、予算内でフォロワー数に応じたインフルエンサーがステマのような投稿するだけに。

せっかくPRするなら企画があるべき

例えば、香水をPRするなら「最近つけているお気に入りの香水」ではなくて、何種類もある中から選ぶ企画の方が、選んでいる様子・選んだ理由などの信頼性も増してPRすることが出来ます。

インフルエンサー施策は媒体社ではなく、企画会社に相談を

インフルエンサーマーケティングで成功したいなら、インフルエンサーがPR記事をアップするだけのインフルエンサーマーケティング会社に依頼してはいけません。

インフルエンサーを活用するのは、全体のプロモーション企画があって、その告知媒体の一つとして選択することが大切です。

まずはプロモーションの企画を作るには、インフルエンサー会社に相談するのではなく、自分でしっかり考えるか、弊社のよるな企画会社に相談してください。